こんにちは。YSK(@YSK434295)です。
自己紹介や趣味などはこちらにまとめてあります
よろしければご覧くださいませ。

では本文に入ります。

マイPCであるHP製ENVY Phoenix 810-480jp
2015年5月に買って2年しか経っていない我が子のようなPC(笑)。

2017年10月6日。突如壊れてしまいました。

家のPC(メーカー製PCの場合)が壊れた時に備えてすべき事!

買う時に保守のオプションはつけたほうが安心!

これに限ります。

では時系列順に振り返っていきます。

■10月6日(金)
注文していたモバイルバッテリーが届き、
夕飯後なので20:00過ぎくらいでしょうか。
コンセント付ではなく別売の充電器なども持っていないので、
PCに添付のUSBケーブルを使いバッテリーを充電開始。

トイレにて用を足し部屋に戻ってきた時。
時間にしてわずか10数秒程度だと思います。

PCの電源が落ちていました。

後日、履歴が残っていた事に気づくのですが20:40にPCは突然落ちたようです。
この履歴というのはPCで開いていたGoogle Chromeです。
Googleアカウントを使いスマホと同期を取っていて、
スマホChromeを開いた時にPCで最後に開いていた時間を見る事ができました。

電源ボタンを再び押しても反応がありません。
直感と元サポート職の経験値で「あ、電源イカれたかも」と思いました。

ただ、これは本当なのですがPCにはキーボードマウスだけで、
たまにウォークマンItunes同期の為にスマホ、くらいで、
変なモノ、あるいは大量のモノを外部接続せずに使っているに等しいはずなのです。

だから申し訳ないけど、モバイルバッテリーから瞬間的に過剰に電流が流れて、
PCの電源系統を破壊してしまったのかな~なんて思わざるを得ませんでした。

電源系トラブルの時に必ずと言っていいほど「あるある」対応として、
電源ケーブルを本体から抜いて1時間ほど放置して放電してください。
その後、ケーブルをさし直して電源ボタンを押してください。
というもの。

もちろんこれもやりました。
本体背面に見える電源ユニット(電源ケーブルをさすところ)付近に、
ランプがあるタイプだったのですがランプはケーブルをさすと点灯しました
電源ユニットじゃなくてマザーボードだったりして・・・なんて想像しました。

経験談上、長年の酷使で消耗するのってハードディスクSSDくらいしか思いつかなくて。
電源系は消耗というよりは過電流で突然壊れるイメージしかなくて。
※ビルメンテ等の定期的な長時間停電後の一発目の起動とかはマジで恐いです。
溜まってる電流が一気に流れ込む可能性がありますからね。
まあその為にコンセント(大元)から事前に抜いておくのですが。

なんにせよこの時点で週末金曜日の夜。
メーカーサポートが営業しているわけもなく。
しかもこういう時に限って世は3連休。。

週明けまで待つしかありませんでした。

■10/7(土)~10/9(月)
PCローカルのデータが見れない!

しかし!Googleアカウントを使ってChromeを同期させていた事を思い出しました!
普段はスマホではSafariGoogleアプリでしかブラウザは使わなかったので忘れていたのです!

Chromeを開くと、、キターーーッ!!
PCで使って保存していたアカウント情報も確認できるではありませんか!
しかもブックマークまで!光が見えた気がしました(笑)!

というわけでスマホを駆使しブログも1件更新し、日常生活はさほど苦もなく過ごす事ができました。

データが見れないのは別として、アカウント情報のバックアップさえあればスマホで過ごせるものですね(笑)

そしてPCシリアルNoからHPのサポートページに移動しサポート状況を確認すると、、
あった!やっぱり残ってた!なにがってオンサイト保守が!
そうです。PC購入時に万が一の為にオプションで足しておいたのです。

少し望みも出てきました。

■10/10(火)
いよいよHP社に電話する時がやってきました!
PC機種などによって番号やガイダンスで押す番号が異なるので、
下記ページに移動しPCシリアル番号を入力して参照してください。
https://support.hp.com/jp-ja/

※また時間帯、サポート状況によってはチャットやLINEもできるみたいです。

以下対応履歴を書き起こします。

~最初にかけた電話~
※問い合わせ受付担当の方が出る

・オンサイト契約期間が残っている事も念のため確認。

・症状を伝え訪問修理の依頼を取り付ける事に成功。

・詳細は別途折り返すとの事でひとまず電話は終了。

~折り返しの電話(2時間ほど経過後)~
※修理受付担当の方から

・まずは交換用のパーツを送る。これは翌日10/11(水)になる。

・パーツの手配、到着を受けての保守員出動なので訪問は10/12(木)以降になる。

・おおまかな訪問時間(修理にかかる時間ではない)は以下の通り。
10時~13時、13時~16時、16時~19時、19時~20時

・上記時間帯でひとまず10/12(木)~14(土)までで希望を言ってくれとの事。

・希望を受け、どの日のどの時間帯に訪問するかを翌日10/11(水)に折り返すとの事。

・実際に訪問する詳細な時間は訪問日前日の19時くらいまでに保守員から連絡するとの事。

■10/11(水)

・交換用のパーツを無事受領
※箱の大きさからして電源ユニットマザーボードっぽい感じでした。

 

 

 

 

 

~折り返しの電話~
※修理受付担当の方から
・10/13(金)の10時~13時になるとの事。

つまりは詳細な訪問時間は10/12(木)の19時までに電話が来るという事になりました。

■10/12(木)

~折り返しの電話~
※訪問保守員から
10/13(金)9:30~10時の間に来ますとの事でした。

■10/13(金)

ちゃんと計っていないですが、ほぼ9:30ピッタリに来てくださいました。
20年近く前、某コンピュータメーカーで訪問保守員(私は対法人)をやっていた頃を思い出しました。

実際に見てもらって現象が再現した事を確認いただきました。

パーツの中身はやはり電源ユニットマザーボードでした。

流れとしては電源ユニット交換後確認→直らなかったらマザーボード交換、です。
だいたい交換が簡単なパーツから試します。

私の保守員時代はあり得なかったのですが、
今はスマホで交換前、交換後に写真を撮って、
作業開始タイミングで作業依頼時の私の電話番号を入力するんですね~。
※これでお客様先に到着し作業が開始された事を本部に報告するらしい

時代は変わりましたね~。

さて、実作業。

1.電源ユニット交換→確認→直らず、でした。。

2.電源ユニットを元に戻す

3.マザーボード交換→確認→直った!

↓帰ってきました!↓

 

 

 

 

 

2時間近くかかりましたでしょうか。
マザーボード、めんどくさいんですよね。。
本当にご苦労様です。。

こちらのほうでも動作確認をし問題なかったので、
保守員の方が作業報告書の作成と本部への電話報告を始めました。

というわけで長くなりましたが、
文字通り長~い1週間を無事に終える事ができ、ホッとしています。

hp問い合わせ受付担当の方、修理受付担当の方、
そして来てくださった保守員の方、

そして、今回PCが壊れた事でご心配くださったフォロワーの皆様、

本当にありがとうございました!

最後にもう一度だけ!

付けれるなら保守オプションは付けといたほうがいい!
※少なくともhpは購入後に保守を追加購入したり、
保守を延長する事はできないみたいですので。

ちなみにこの保守オプションのおかげで今回の修理作業は費用ゼロでした!

余談ですが、

一般的にはだいたい10万円前後くらいのPCを皆さん買っていることと思います。
そして購入時に保守オプションをつけてない状態などで修理を依頼すると、
出張費や部品代、作業費など込で数万円取られる場合が多いです。

その場合は「新しく買ったほうがいいや」なんて思われるかもしれません。
それはそれでひとつの選択肢だと思います。

アドバイスとしては、身近にPCに詳しい友人を作っておいたほうがいいかもですね(笑)

以上、読んでくださりありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!