こんにちは。YSK(@YSK434295)です。
自己紹介や趣味などはこちらにまとめてあります
よろしければご覧くださいませ。

では本文に入ります。

盗撮をしてSNSに載せる行為。

理解はし難いですよね。

残念ながら盗撮自体が犯罪になるかというと違うみたいで。
まあスカートの下からとかは別問題ですけど。
単に街中などでプライベートの有名人(じゃなくても)をパシャッと許可なく撮っただけでは、
犯罪にはならないみたいです。

がしかし!
肖像権侵害プライバシー侵害の罪に問われる可能性がある事。
これは念頭に置いておきましょうよ。

脅したくないけど、度が過ぎると貴方が訴えられてしまうのではないですか?

そうなったら誰も同情してくれませんよ?

自業自得。それ以上でもそれ以下でもないでしょう。

まあ、犯罪云々の前に、人として、道徳的にやっちゃいけない事ってあるじゃないですか。

対象がプロレスラーであってもタレントさんであっても、スポーツ選手であっても。

「有名税」などという個人的には盗撮をする側の言い訳にしか聞こえない言い回しが存在しますが、
それ以前に1人の人間だという事をわかってほしいですよね。

自分が食事している所や恋人とイチャイチャしている所、
はたまた電車内で居眠りしている所などを見知らぬ人に撮られてSNSにアップされる。

至ってシンプルな話なんですよ。
「自分がされたらどう思いますか?」
っていう事なんですよ。

「いや、私、有名人じゃないし」
とか言うつもりなのでしょうが、
前述しましたが貴方もプロレスラーもタレントさんもスポーツ選手も、
みんな1人の人間なんですよ?

とはいえ、こういう非常識な人がゼロになるどころか、
増えていく傾向にあるのも、少なくとも日本国内においては真理なのでしょう。

だってSNSがこれだけ全盛でみんなスマホを持ち歩いているのだから、
誰もがパパラッチになれる可能性があると言ってもおかしくないですよね。

いつまでも性善説に基づいて
「ああすべきこうすべき、これくらい常識でしょう」で済ますのではなく、
もうこういう民度の低い国なんだ日本は、といっその事振り切って、
時代に合わせた法整備やルール整備、マナー整備をしていくべきなのかもしれませんね。

そもそも、有名なタレントさんやスポーツ選手はこういう際にどういう対応をしているのか?
あるいは海外はどうしているのか?新日本プロレスという事で言えばWWEはどうしているのか?

メディアトレーニング、じゃないですけど、
弁護士の先生などをお招きして講習会を開催するなどして、会社として対処法を統一しておく、
なんていう事も必要になってくるかもしれませんね。

普通の会社でもありますでしょ?
ゲームアプリを作っている会社に在籍していた時には、
クレームを直接言いに会社に乗り込んでくるガラの悪いユーザーに対しては、
〇〇という対応をするよう徹底しましょう。
みたいな通知を総務だったりがしていましたもの。

その延長線上だと思うのです。

私個人の事でいえば。

何が良くて何が悪い、何が相手に迷惑がかかって何が相手が喜んでくれるか、
みたいな事を考えずに行動してしまう方々。
もっと言えば自分の都合、欲望を満たす為だけで行動する方々。

こういう方々の思考は残念ながら私には理解できないし、
正直、友達にこういうタイプがいたら即縁を切ると思います。

「なんで人として注意しないの?」と言う人もいるかもしれませんが、
前にこのような記事を書きましたように、
私は他者に過度な期待をするのをやめたので注意はしません。

そういう人は自分が絶対に正しい!と思い込んでいる場合が多いでしょうから、
誰が何を言っても無駄というか、それが自分にあてはまるなんて思ってないんですよね。

きっと、当人が痛い目に合わないとわからないと思うので。
だから、私は注意もしないし関わりません。無視です。

また「同じファンとしてなんとも思わないんですか?」なんて思う方もいるかもしれませんね。
そういう事じゃないんですよ。言っても無駄な場所、無駄な相手に無駄な労力を割きたくないし、
割く必要性もないと思っているだけなんです。

本当になんとかなってほしいなら、
それこそ貴方が勇気をもって正義感の名のもとに、
その人を断罪でもすればいいでしょうし、
公式に訴えてやめさせるような運動に持っていけばいいだけでは?と。

言うべき相手、言う時と場所、言い方と伝え方、周囲への見え方。

これらが間違ってたら、いくら正論でも誰も聞いてくれないし虚しいだけ。

これが私の結論です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!