こんにちは。YSK(@YSK434295)です。
自己紹介や趣味などはこちらにまとめてあります
よろしければご覧くださいませ。

では本文に入ります。

2017年9月20日時点での話です。

先日書いた記事の続きになってしまいそうですが。

盗撮して何が楽しいのだろう。相手を思いやる気のない人とは関わりたくないね、という話

SNSがあれば誰でも発信できてしまう時代。

当然、そこには自由という名の責任がつきまといます。
・・・SNSじゃなくても、人は自身の言動に責任を持たねばなりません。
責任を取れない事は言うべきじゃないしすべきじゃない。
ましてや責任を取らなくてもいいようなポジション、立ち位置から論ずべきではない。

と思っています。

しかし、SNSというツールが世に出て世界中に広まってどれくらい経つでしょうか。
昔は明るみにならなかっただけかもしれないですが、
恥ずかしい言動や心無い言動など”も”様々な形でポロポロと世に出てしまいます。

一般人同士でさえ大変なのですから、
対象が有名人になってくると一層大変なのでしょう。

もちろん政治家の方々も

私は有名人でもなんでもない只の一般人ですが、
例えばタレントさんやスポーツ選手、そしてプロレスラー。
こういった方々と接する為に今まではどうしていたか?
※ライブ会場やスタジアム、イベントなどで直に接するケースは除外です。

昔はファンレターとかでしたよね?
タレントさんの所属事務所の住所宛に手紙を送ってましたよね?

それが今はどうでしょう?
TwitterやFaceBookなどでファンレターとまでいかずとも、
短い文章でその人への想いを告げたりできてしまう時代ですよね。

一言で表すと、有名人とそうでない人との距離が近くなってしまった。
という事なのでしょうね。

良い面はあると思います。

例えばイベントやライブの感想を観覧した直後に送る事だってできます。
この場合はきっと受け取る側は嬉しいと思うんです。
そのメッセージをリツイート、シェアしてくれたり、いいねをくれたら、
送るこちら側も嬉しいですよね。

例えば自分のツイートを誰かがリツイートしてくれたり、
いいねをくれたり、リプライをくれたりしたら、嬉しいですよね?

でも悪い面もあると思います。

物事には必ず良い面と悪い面があって表裏一体だったりするでしょう?

リアルタイムに悪口を言えてしまう点です。
昔はタレント事務所に罵詈雑言の手紙を送っても、
事務所の方がタレントさんに届く前に処分できたかもしれませんが、
今はタレントさんに直接送れてしまいます。

もちろん、そんなものを1個1個対応などせずに、
無視してしまえばいいのですが、タレントさんだって1人の人間です。
スポーツ選手だってプロレスラーだって1人の人間です。
傷ついたり心を壊してしまう事だってあるでしょう。

もう一度、原点に立ち返りましょうよ。

至ってシンプルな話で、
「自分がされたらどう思いますか?」
っていう事なんですよ。

良い内容ならば、いくらもらっても嬉しいですよね?
「応援してます、頑張ってください」とか、
ツイート内容に対して、真面目なリプを送るとか。
もちろん、それら1個1個に対して有名人に対してレスポンスを求めちゃいけないと思います。
そこを求めてしまうと貴方が苦しくなるだけでしょうから。

そこは先日の記事でも書きましたが、相手に過度な期待は禁物です。

もちろん、本当のところ(どこまでがOKでNGか)はご本人にしかわかり得ないと思いますし、
人それぞれで違ってくると思いますけどね。

でもこれはさすがに明らかじゃない?と思う事があります。
それは、悪い内容を事ある毎に送られて嬉しいですか?という事です。

自分だったらどうしますか?関わりたくなければブロックしますよね?
言動の内容によっては通報などもするかもしれませんよね?
それを貴方が有名人からされている可能性だってあるんですよ?

有名人の方が注意を促すような発言をしたらドキッとしますよね。
「私、やっちゃってないだろうか・・・」って。
多分ですけど、こういう思考の方は多分(もう一回言う)やっちゃってないと思うのです。
仮にやっちゃってても、それに気づき、正す事のできる人だと思うのです。

人は誰でも間違いを犯しますから・・・
大事なのはそこからどうやって学んで次につなげるかだと思うので。。

最後にもう一回。

至ってシンプルな話で、
「自分がされたらどう思うか?」
というのを常に考えて、更にその上位概念で
「自分は平気だけど相手はどう思うだろうか?イヤじゃないだろうか?」
と相手の境遇や状況、立場を推しはかるような人間でありたいなと。
私はそう思います。

以上です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!