こんにちは。YSK(@YSK434295)です。
自己紹介や趣味などはこちらにまとめてあります
よろしければご覧くださいませ。

では本文に入ります。

ネタが出来たと思ったので書きました。

新日本プロレス2018年1月4日東京ドーム大会を盛り上げるべく、
より世間に広めるべく毎年恒例のアンバサダーとして、
SKE48松井珠理奈さんが選ばれました。

この人選についてまたゴチャゴチャ文句を言う人達がいるようなのです。
自らがプロレスファンの器の小ささ狭さを露呈している事に気づいていないのでしょうか。

よくもまあ飽きもせず同じ事に怒ってるなと思います(笑)
イヤなら観なきゃいいのにね(笑)

でも今回のネタはこのゴチャゴチャ文句を言う人達に向けたモノではありません。

この件に対して、とあるツイートをTL上で拝見したので考えてみたのです。

私なりにそのツイートを要約すると、
・嫌いなものに理由なんかない。嫌いなものをただ嫌いと言っちゃいけないのか。

という事です。

それに対する私の答え、感情は↓こうです。

・別に嫌いだったら嫌いなままでいいんじゃない?
・ふーん、あ、そう。じゃそれでいいんじゃない?

まさに「お前はそれでいいや」ですよ(笑)
昔、新日本プロレス札幌でありましたよね。猪木問答で合っていますか?

基本的に何をどう思おうが自由だと思います。
だって色んな考え方、感じ方、意見や感情があっていいと思っていますから。
それだけプロレスというジャンルが魅力のあるものだという証だと思っていますから。

ただこれだけは言いたい。

貴方がSNSや対面の場で嫌いだと言い放つその人の事を、
大好きだという人もいるのだという事。
貴方が言い放った「〇〇嫌い!」という言葉を、
〇〇を大好きな人が間近で聞いているかもしれないという事です。

それを聞かされた人がどういうリアクションを取るか、
貴方に対してどういう感情を抱くようになるか、
それはその人にしかわからないという事です。

もっとハッキリ言いましょうか。
・嫌われてもいい覚悟があって言ってるんだよね?
・フォロー外されたりブロックされてもいい覚悟で言ってるんだよね?
という事です。

理屈じゃなく感情で貴方と関わりたくない!話したくない!
と思ってしまう人もいるかもしれないという事です。

貴方のその発言によって貴方に降りかかるであろう、
あらゆる可能性を受け入れる覚悟ができているなら、
おおっぴらにアイツは嫌いコイツも嫌いと言えばいいと思います。

一番カッコ悪いのは、
その事で貴方が周りから嫌われたり爪弾きにされた時に、
その事で新たに文句や不満を言う事だと思います。

決して貴方の尺度や価値観、経験則だけで全てをはかってはいけないという事だと思います。

場の空気が悪くなるかもしれないという事もね。

何かが起きる時は必ず何某かの理由があるのだと、
貴方ではわからないかもしれない理由があるのだと、
常に肝に銘じて、発言をしていく必要があると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!