こんにちは。
自己紹介文はこちらから
ご覧いただけたら幸いです。

今回はこのニュースについて書いていきます。

何も話せない!? 恋愛トークは「ラブハラスメント」
今、多いですよね。
なんとかハラスメントという言葉。

セクハラ、パワハラは言わずもがな、
社会的に有名というか問題として多いのがモラハラ。マタハラ。
アルハラ、スメハラなども聞いた事があります。

とある記事によると2015年時点で30種類近くのハラスメントがあるらしいです。

こういう記事を見るとたいがいの方はこう感じると思います。
なんでもハラスメントつければいいってもんじゃないでしょ、と。
最近はなんでも変な言い回しをつけたがる、と。

少しばかり過剰な気がしないではないですが、
内容や言いたい事の本質はなんとなくわかります。

私個人の解釈ですが、
ハラスメントが成立するかどうかは、
被害者側の気持ち・受け取り方に依存します。

極端な言い方をすれば被害者がその行為を不快だと感じれば、
そこでハラスメントとして成立してしまいます。

結局は、自分がされて嫌な事は人にはするな。
これに尽きるんだと思いますね。
言う前に、やる前に自分の中でよく確認しましょうということです。

それでも言ってしまう、やってしまうという事もきっとあるでしょう。
悪気が無かったとしても。完璧な人間などいないのですから。
そういう時には素直にごめんなさいと言える人間でありたいですね。
謝らない偉い人って昔から周りに多かったですから。

だから私はこういった言い回しが増える事が
被害者側が軽い感じで言い返しやすく、
加害者側が自分の過ちに気づきやすい空気になる一助になればいいと思います。
もちろん使い方次第ですが。物にはなんでも正しい使い方がありますから。
過剰になって冤罪を生みやすいような環境にはなってほしくないですね。

もちろん「私はこういう事を言われるのは不快だからやめてくれる?」
とハッキリ言って、わかってくれる相手ならばこんな言い回しを使わずに、
ちゃんと言ってあげたほうが良いとは思います。

ひとつエピソードを。
私は未婚のアラフォーですが、
会社の飲み会などで「結婚したくてしょうがないのにできない人間」
と勝手に決めつけられ、そのレッテルありきで会話が続く事が多々あります。

「なんで結婚できないの?彼女いないの?」
「(若い人に対して)おい、誰かコイツに紹介してやれよ」
「(やり過ごそうと彼女いるなどと適当にウソをつこうものなら)
プロレス好きなんでしょ?技とかかけあってるの?」
「この中(飲み会参加女性)なら誰が好き?」
「女子プロレスラーと付き合えば?」

などは普通に言われてきました。飲み会の席でなくとも、です。
どれもこれもその後の私の返答一発で終わらせたいような
不愉快極まりない内容なのですが、ちょっとムキになろうものなら
「本気になるなよ~だから独身なんだよ~」とか言われます。

強がりだと思われそうですがハッキリ言って、
・結婚が当たり前
・結婚がゴール
・結婚しなきゃ一人前じゃない
という価値観は今や万人にあてはまらないと思います。
その価値観が間違いとまで言う気はありませんが、世の中その価値観だけじゃないはずです。

種の存続とか男女の本能的な役割の話と、
男女平等や生き方の多様化という話は同列じゃないはず。
同列だと言うなら各々の本能的な役割に帰結するような社会にすればいいと思います。

また、未婚のアラフォーともなると社内の女性からは無条件で警戒されます。
こっちはなんにも思っていないのに。
個人的には20代の頃に社内の女性関係で痛い目にあっているので、
もう何もしませんとも。あ、ハラスメントはしていないですよ?

このように、こと結婚の事だけで言うと、
当事者になってみてわかることかもしれませんが、
男性にだって言われて不愉快になる事はあるのです。

各ハラスメントを紐解いて人と会話する際に、
「こんなの昔から普通にあったよ?(=耐えてたよ?やり過ごしてきたよ?)」
と言われる事があります。
別に対処法を聞きたいわけではないのです。
こういう事をされるのはイヤだな、もっと他者を思いやろうよ、
と言っているだけなのです。

そう。
呼び方とか言い方が変わっただけで、
別に今に限った話ではないのもわかっています。

男性ならではかもしれませんが、細かく言い返すと、
「男のくせに細かい。だから独身なんだ。」
なんて言われかねません。
これ、女性に置き換えたらほぼ間違いなくセクハラって言いますよね?
まあ、こう言い返すとほぼ間違いなく
「男のくせに情けない」と言われるんでしょうけどね。

若干逸れましたが、こういった造語ができる事が、
加害者の人達にとって歯止めになるようであれば幸いです。
記事のように各種ハラスメントとその意味がリスト化されていれば、
自分はどれかに該当してないか、省みるのは容易でしょう?
特に古い体質のままだからなのか、長年男性社会だったからなのか知りませんが、
警察など国家権力系の方々は文字通り国の為にも時代にあわせた価値観、考えでもって、
職務にあたり他者に接していただきたいですね。

それでなくとも現代の社会は大変だと思います。
言動には常に最新の注意を払っておかねばなりません。
私個人としては常に他者への配慮、感謝、思いやりを忘れず、
自分がされて嫌な事は人にしない、してしまったら素直に謝る。
(それでも関係が壊れてしまったらしょうがないですが)
など、人として当たり前の事を心がけながら気をつけて生きていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!