こんにちは。
自己紹介文はこちらから
ご覧いただけたら幸いです。

今日は心療内科へ行く日でした。
いつものように現状を話し薬をもらってきました。
その会話の中でふと感じた事を書こうと思います。
やはり心の病気というか心の問題の事です。

熱っぽい
辛い
死にたい

色んな感情があります。これ以外にもたくさん。
メンタルは人によって様々ですから。

ただ何度か書きましたが
これらのメンタルの感情は総じて他者には理解されにくいです。

私はこういう感情が表に出ないようで、
昔からあまり理解してもらえなかった記憶があります。

エピソードをひとつ。
過去にこんな事がありました。
とある職場で激務や人間関係のストレスがひどかった頃。

とある上司が私にこう言い放ちました。
「○○さんは体調悪くてあんなにやつれているのに、
なんなのアンタはそんなにブクブク太って!」

私は体調が悪くなると、過食する傾向があり、結果太るのです。
それもあってか、他者から同情されにくいのです(笑)
※(笑)と書きましたが、この時はとても笑えませんでした。

その後、私がどういうリアクションをしたか、
この会話がどういう結末を迎えたか、記憶にありません。
たぶん黙って我慢したのだと思います。
この上司は言葉の暴力というか、とにかくネチネチした人でした。
私もどれほど言葉の暴力を受けてきたことか。

話が逸れそうなので戻します。

会社に深く入り込めば込むほど、人間関係での悩みは増えるでしょう。
対人でいうと例えば恋人関係、同棲生活、結婚生活といった感じで、
深く関われば関わるほど深く知ることになり、悩みも出てくるでしょう。

昨年流行ったドラマ:逃げ恥での、みくりのお母さんのセリフが結構刺さりました。

「運命の相手なんていない。運命の人に、するの。」

この人のためなら努力できる、この仕事だったら努力できる。
努力ってなんだか苦行みたいな風に捉えがちかもしれませんが、
本来理想は、苦もなく辛さもなく自分を捧げれるものの事だと思うんです。
そういう人や仕事、というか生き方ができるようになるために、
私も鬱病から脱して、幸せだと思える生き方を絶対に構築してみせます。

それでは今日はここらへんで失礼します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!