こんにちは。
自己紹介文はこちらから
ご覧いただけたら幸いです。

6月になりましたね。2017年も残り半分。
2016年はうつ病の辛さで何も感じる事ができず、
時の流れすらもわからなかったので、なんだか感慨深いです。

2017年5月29日(月)
両親を食事に誘いました。
「今度、3人でご飯食べに行かない?」と漠然と誘いましたが、
今回は3つの目的がありました。

1.ちょっと遅いけど母の日と母の誕生日(5月なんです)のお祝い
2.ちょっと早いけど父の日のお祝い(6月に体調的にどうなっているかがわからなかったので…)
3.この1年間、うつ病と診断されて辛かった期間、支えてくれた事へのお礼

昨年2016年は、こういう事を考えるキャパすら無く、
「あ、ようやくこういう事を考えられるくらいにはなってきたんだな」
と自分で自分を褒めたい気持ちがあったのも事実です。

お店を予約し3人で席に座り、2人を真正面にして先述の思いを伝えました。

母とはSNSでつながっていて、昨年2016年のちょうど今頃5月くらいからは、
うつ病に関するネット記事などのRTをしていました。
自分で後で読む用で、という意味合いの他に、母にサインを出していたんだと思います。
今ではそのように思えるのです。面と向かって自分の状態を冷静に話せるような、
そんな健全な状態ではなかったのでちゃんと伝えるには、記事の引用しかなかったんだと思います。

ある時、眠れなくて(MAX72時間近く眠れない状態だった頃)居間に行った時に母が
「貴方の状態がやっとわかった」と言ってくれた事。
ハッキリ覚えています。どれだけ心の支えになったか。

父はSNSなどやっていないので言葉で伝えるしかないわけですが、
なにせ前述のような心身状態なので、うまく伝える事ができず、
心身共にギリギリだった時に言い合いになってしまった事がありました。
でも最終的に父もわかってくれた事。どれだけ心の支えになったか。

2人がいてくれたから、理解してくれたから、私は最悪の決断をせずにここまで来れました。

この日、色々と話しました。

・私は幼少時代いじめられてきた事や、家族の中で私だけ勉強ができず落ちこぼれだと思い、
劣等感でいっぱいだったのですが、両親も幼いころは劣等感でいっぱいだった事。

・家族構成で言うと私は父型の祖母にしか会った事がありません。
父型の祖父と母型の祖父母、いわゆる両親の親にあたる人は、
両親が若い頃に亡くなられていて、自分達の親と、こういう風に膝を突き合わせ会話ができなかったと。
それがこうして代を変えて私とできているのかな、という事。

・私は2016年はとにかく睡眠障害に悩まされていました。
目をつぶるとうなされて目を開けてしまいます。
何の夢かも覚えていない事がほとんどですが、仕事の夢でうなされる事もありました。
いつしか、寝る事自体がこわくなっていました。

両親も今までやってきた、あるいは今もやっている仕事
(父は会社員、母は家事)の事でうなされる事が今でもある、という事。

前に何度か書きましたが、自分で自分に高いハードルを課しそれをクリアし評価(具体的には年収)
を上げていったのは良いのでしょうが、いつしか周りにまで自分と同じハードルを求めてしまっていた気がします。
周りに求めるのだからその内容は自分は最低限できないと口先だけになってしまいます。

そんな風に自分の心の問題で色々と決めつけてしまったり視野を狭くしてしまう事で、
自分自身の首を絞めてしまったり心を狭めてしまっていた部分もあるんだな。
という事をこの日、改めて感じました。

病気を経験したからなのか、何か他にきっかけがあったのかわかりませんが、
今は自身の幸せのハードルがすごく低い事で、周りにもさほど求めなくなっています。
好きなものは好き、良いものは良い、と素直に感じたり楽しんだりできています。

2人とこの日会話ができた事、今もこうやって一緒にいれる事に改めて感謝です。

読んでくださり、ありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!