こんにちは。YSK(@YSK434295)です。
自己紹介や趣味などはこちらにまとめてあります
よろしければご覧くださいませ。

では本文に入ります。

先日、このような2つのツイートをしました。

■1つ目

■2つ目

過去にも以下の2つの記事を書きました。

つけあがらせるだけの優しさなんて要らない

新日本プロレスワールド、ライブ配信どこまで拡充すべきか?

上記ツイートと併せて

急にどうした!?という感じですが、少し掘り下げて書いていきます。

冒頭と上記の記事でも述べましたが、
私は過去の実体験から、手厚いサービスを施し続けると感謝を忘れ、
つけあがる客が存在する事を悲しいですが悟ってしまいました。

サービスを提供する側は、いや、少なくとも私は、
・少しでも良いサービスをお客様に
・より迅速に、より丁寧に、より的確に
・お客様は神様
これらを行動指標として常に仕事をしてきました。
仕事という事は当然お金をもらってやっており無料でやっているわけではありません。
また、上記の指標を基に自身のサービス品質を向上させてきました。

しかし前述したように、
今までの品質が客にとって手厚いサービスではなく、受けて当然という認識になり、
しまいにはそれ以上を理不尽(例えば賃金そのままで)に求めてくる事が往々にしてあります。
年々こういったタイプの人間が増えてきているように体験として実感します。

お客様は神様だと客側が言い出している始末なのが現在の日本だと思います。

前置きが長くなりました。急にどうした!?の理由ですが以下です。

私は新日本プロレスが好きで、動画配信サービスの新日本プロレスワールドに加入しているのですが、
SNSに以下のような事を投稿していました。

次期シリーズで開幕戦の配信がない。
有料サービスなんだから全試合配信するのは当然なのに、
それをやらないのは企業努力を怠っているのではないか。

まさに私が先の記事で申していた事が現実となりましたね。
こういう客が出てくると思っていましたよ。

だから私は先の記事
「全試合配信をやると言わない方がいい」と述べました。
言ったとおりでしょ?やれやれです。

まず第一に。
そもそも「主要大会を完全配信します」というだけで、
全大会、全試合を常に配信するだなんて、どこにも謳っていません。
全大会、全試合配信したのは2017年のG1が初のはずです。
要するに、あれは「特別対応」なわけです。

裏でこれまで以上にどれだけの人件費と工数、費用がかかった事か。
そういう推し量れる範囲で思いやる事をせず、
当たり前にできる対応と思い込み、それが叶わないと見るや、
「怠慢だ」だの「企業努力が足りない」だの「調子に乗ってる」
だの「既存の客を(あるいは地方を)蔑ろにしている」だのと大袈裟にわめき散らす。

つまりは「金払ってんだからやって当然だろ?」と常に言い続けるのですこういう客は。
そうやって常に過剰なサービスを求め、ゆくゆくは会社を、業界をも疲弊させていくのでしょう。

自分だけの都合や我儘なだけのくせに、そう思われたくないからか、
それがさも一般論のようにもっともらしい御託を並べてわめくのが、
こういったモンスターカスタマーの一例ではないでしょうか。

私がプライベートで一番会いたくない人種です。

新日本プロレスワールドに限って言えば、
月額1,000円足らずで過去の新日本プロレスの試合をほぼ全て網羅でき、
年間の主要大会をライブで観れるだけでも感謝すべきだと思います。
更には今では当たり前のように海外遠征の試合も配信しています。
これだって選手以外にスタッフの渡航費や宿泊費などが発生しているくらいは想像できますよね?
検索機能もとても使いやすく、1大会においても試合毎にリンク分け作業も後日してくれています。
これだってどれだけ我々客にとって使いやすく便利な機能か想像してください。

そこに感謝もせずに、
「金払ってんだから全大会配信やって当然だろ?」などと・・・
あまりの残念さに愕然としました。

※もちろん、こんな人種は一部で全てがそうでないのは重々承知しています。

とにかく言いたい事はざっくり以下です。
客が業界の足引っ張るようなマネはいい加減やめましょうよ。
みんなで現状に感謝して素直にシンプルにサービスを享受しましょうよ。

以上です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!