こんにちは。
自己紹介文はこちらから
ご覧いただけたら幸いです。

私は本当にプロレスが好きです。

基本的に今は新日本プロレスとWWEを欠かさず観ていまして、
出て来る人達みんな好きで尊敬しています。
一部そうでない人はいますが…でも本当に両団体合わせて3人程度です!
※現役に絞っていますが。パートタイマーを入れるともう後3人程入ります。。
長年に渡って観ているので親のような心境になっているかもしれません。
報われているであろう人もそうでないだろう人もみんな一所懸命頑張っているので、
嘘偽り無くみんなを応援したいしみんな幸せになって欲しいと本気で思っています。

表題の件に話題を移しますが、
昨年末くらいでしょうか。とあるSNSのコミュニティみたいなところで、
新日本プロレスファンのグループがありました。
交流してみたいと思い管理人の方に承認をもらい参加しました。

色々な意見の人がいるなと感じました。
新日本プロレスを本当に好きな人達の集まりだったと感じています。

しかし今は私はそのグループを脱退しました。
もちろん管理人の方へは挨拶をして脱退しています。

なぜか?
それは私の好きなWWEをバカにするような書込を見つけたからです。
例えばオーエンズがたいしたことないだとか、試合内容がしょうもないといった類の書込です。
中邑選手が1軍にあがったら周りは雑魚ばかりだから楽勝だ、みたいな書込もありました。
何をもってそう判断できるのでしょう?やってみてもいないのに何がわかるのでしょう?
更にその書込は毎週のように同じ人がしていて、ネタバレ情報も含まれていました。

私はWWE Networkに加入していてリアルタイムで全てを観れる環境にありますが、
今でもスカパーJスポーツにて放送されているものを基準にPPVやNXTなどを観ています。
現地放送から10日遅れで放送されている日本語字幕版のほうです。
だからその放送回を観終わるまではリアルタイムネタバレ情報は未だに観ていません。
これは15年近く、WWEを観始めた頃から続けているので今のところやめられそうにありません。

その理由を以下に書きます。
1.WWE NetworkでもRAWとSMACKDOWNの再放送はアップされるが3週間後。遅すぎる。
2.英語がわからない。
3.Jスポーツ版の日本語翻訳が大好きだから。
以上です。

3が一番ネックです。
そうなんです!
あの字幕の感じが好きなんです!
あれじゃなきゃイヤなんです!
あの翻訳は秀逸です。WWEで雇ってほしいくらいです(笑)
各選手の特徴をよく掴んでいるなと感嘆してしまうほど、
字幕のセリフのニュアンスが本人そのもの人格のように見えてしまうのです!

つまりはJスポーツでのWWE放送が終了しない限りは、
私はこの10日遅れでWWEを観る習性を変えられそうにありません。

申し訳ありません。話が逸れました。

つまり私が最も好まない
・WWEのリアルタイムネタバレを他人から知らされる
・WWEをバカにされる
これらが、そのグループ内で展開されていたのです。
だから私は脱退しました。
異議を唱えようとも思いましたが先が見えていたのでやめました。
色んな人がいるんだな。この人とはきっとわかりあえないな、と。
自分の損得だけを考えてそうしました。

色んな意見、見方があって結構だと思います。
前回の投降でも書きましたがプロレスは奥深いジャンルです。
10人いたら10通りの見方、意見があるのも重々承知しています。
でもそれを好きだという人がそこにいる、あるいはそれを見ている、聞いているのに、
わざわざバカにするような悪口だったり文句を口にしたり書き込む必要があるでしょうか?
私はないと思います。文句を言いたい人達の中だけで言い合っていれば良いと思います。
自分の好きな事を正当化するために人のそれを否定する必要があるのでしょうか?
互いの好きな事を互いが気持ちよく喋ればいいだけの話だと思うのに。
これは子供の頃からずっと疑問のまま理解できないでいました。

堅い話になりますが、
意見というのは、その物事に対してポジティブな考えの事だと思うのです。
ネガティブなものはそれはただの文句であり悪口だと思います。
少なくとも私はそう思っているし、そう学びました。

これは前にも書いたかもしれませんが、
・人を思いやる
・自分がされて嫌なことは人にもしない
事にも反すると思っています。

前回の投降で価値観が変わる事は悪い事ではないと書きましたが、
なんでもコロコロ変わるという意味で言ったわけではありません。
私自身、上記の2箇条とでも言いましょうか。これだけは絶対に変えたくないです。
この2箇条を失ってまで得る価値のある事があるのかどうか、
今のところまったく想像もつきません。
仮にそんなもの時には捨てないと出世できないよ?
と言われたとしても大事なものを捨ててまで出世する事に興味はありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!