今回は怒りモードです。言葉悪いかもしれません。

前にこんな記事を書きました。

すべてのジャンルはマニアが潰す

プロレスを純粋に好きなファンの応援の仕方にイチャモンをつける輩が多いそうですね。
その事で傷ついて悩んでいるフォロワーさんを見かけます。その度に心が痛い。

~前置き~
1.私は2017年時点でプロレスを観続けて26年近くになり、
そこそこ様々な価値観を得てきたので所謂マニアだと思っています。
今はそういう価値観は全部取っ払っている事も断っておきますね。

2.今回の話は下記仮説のもと、進めます。
※根拠は実体験です。
・イチャモンをつけられている人→ここ最近ファンになった方
・イチャモンをつける人→所謂マニア
(文末に抜粋記事を載せているのですが、それで何故私がこう思ったのかを察してもらえると助かります)

3.マニアというのは年数ではなく、ある程度の凝り固まった価値観を持ち、
それが正しく全て、みたいな体で会話を進める傾向にある人をここでは、便宜上そう呼称します。
~前置き終わり~

前に松井珠理奈さんの事をファンとして認められないという類のツイートを見かけました。
認めないって何?誰が?どういう基準で?いつからできたんだよその上下関係。と思いました。
認める認めないって何?貴方ごときが決めれるんですか?

もうため息しか出ない。

この認めないと言った人間も私はマニアだと仮定しました。
なんでもメジャー団体しか観てないから認める事ができないのだそうです。

もうこういう風潮、本当にウンザリなんですよね。

同じファンじゃないか。
なぜ優劣をつけようとするのか?

最後に芸人でプロレスファンでお馴染みの、
有吉弘行さんが過去に某番組で仰っていた事を抜粋します。
2013年放送の番組です。今は2017年だから4年前ですね。この頃からそういう風潮があったわけですよ。

ま、プロレスに限った話ではないのですがね。そういうもんなのでしょう。ウンザリですけどね。

■参考サイト
「世界は数字で出来ている」
■参考URL
http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-2538.html
※管理人様、抜粋掲載の許可をいただき、ありがとうございました。

再びこうならないように、私は引き続き自分にできる事をしていく所存です。
(注)明らかなマナー違反、ルール違反については別ですよ?
(注)私が擁護しようとしている方々のほうにマナー的に、ルール的に、
はたまた法的に何か違反があるなら別ですよ?そもそもそういう事を言ってるんじゃありません。
自分の価値観の中だけで納得できない、許せない部分があって、グチグチ言ってるんなら、
そこを世間一般的に正当化できるだけの理由を、私にも分かるように具体的に教えてほしいです。

更に言うとニワカって表現とそれを使って見下すのも私、嫌いです。
初心者、みたいな意味合いでこの言葉を使っているのでしょうが、
みんな最初はニワカだったじゃないか。
なぜ上から目線になりたがるのか、理解不能です。

抜粋内容、以下になります。

有吉「『ニワカファンは観るな』とか『騒ぐな』って言って、ニワカファンが不貞腐れちゃったら、どうなるかって話なのよ」

マツコ「うん」

有吉「昔に戻っちゃうんだよ?マイナーな競技に」

マツコ「うん」

有吉「ニワカも巻き込んでこそ、でしょ。大きく巻き込んでいくからこそ、盛り上がっていくんであって」

マツコ「この局だから、そういうこと言ってんの?」

有吉「違うよ。俺はプロレスファンだから。今はちょっと良いんだけど、冬の時代を知ってるから」

マツコ「うん」

有吉「内に内に、どんどん濃くなっていくのは、盛り上がるんだけど、どんどん団体が倒産してっちゃって」

マツコ「あぁ」

有吉「エンターテイメントにして、どんどん外に大きく輪を広げていくと、コアなファンはいつも不満なんだけど、むしろ大きく広げる方がプロレス全体が盛り上がって、選手たちもそっちの方がいいのに」

マツコ「うん」

有吉「変に一部のコアなファンがそれを否定するのが、俺は嫌で」

マツコ「うん」

有吉「選手も、そのコアなファンに文句は言えないよ。ずっと支えてくれてたからね」

マツコ「うん」

有吉「だけど、それを盾に偉そうにしすぎじゃないかって」

マツコ「ファンの方がね」

有吉「そう」

マツコ「誰もきていない時から応援している人にとっては、急に来たファンは、『お前ら何も知らないだろ?テレビにも何も映ってない頃から、俺らは知ってんだぞ。それから支えてんだぞ』って思うよね」

有吉「うん」

マツコ「みんなそうだよね。マス(大衆的)になるってことは、そういうことじゃない?」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!