こんにちは。
自己紹介文はこちらから
ご覧いただけたら幸いです。

3年前の今日。facebookにこんな投降をしていました。

~~~~~~

不慮の事故や病気で早くにこの世を去ってしまうレスラーが多い中、
自分で引き際を決めて、ちゃんと引退セレモニーをする事ができ、
ファンは応援していたレスラーの去り際を見届ける事ができる。

これって当たり前のようだが少なくともファンは感謝すべき事じゃないのかな、と。

レスラー側は決断力が要る作業だし「どうせまた復帰するんだろ?」
という色眼鏡で見られる事もあるので大変な事だと思うが。

井上亘引退のニュース、インタビューを読んで改めてこんな事を考えてしまった。

小橋やエッジ引退の時も同じ事を思ったけどね。
そりゃあ動けなくなってヨボヨボになっちゃっても生きていてくれたほうが嬉しいもの。
・・・その状態で復帰されるのは困りモノですけどw!

~~~~~~

以上です。なるほど。

2011年くらいから2014年くらいまで若くして引退する人が多かった時期な気がします。

更に言うと井上亘さんのように長年の夢が予期せぬ事で頓挫しても、
また次の夢を見つけてそこに全力で頑張るという事が、
いかに凄い事かと思うし尊敬に値すると思うんです。

病気や長年のダメージや後遺症で若くして亡くなってしまうのは悲しい事。
だったらその人の試合を見れなくなるのは悲しいけども、引退を見届けて、
その後の人生をSNSなどを通して応援させてもらうほうが良いと感じます。
私はリング上だけを好きなのではなく、レスラーその人が好きなのですから。

過去の栄光にすがって昔は良かった今はダメだなどと言ってみたり
暴露系の話などをして今のファンをガッカリさせたりなど。
そういう人は新たな目標や生きがいを持てないのかなと思うと悲しくなるし、
今頑張ってる人がそれに対して戦わなきゃならなくなるので時には悲しくなったりします。

ここまでは3年前と私の思いは変わってないです。
変わったのはここからです。

「その人の人生なんだから
その人の思うとおりに生きればいいのでは」という事です。

そこを外部の人間がとやかく言う事ではおそらく無いんじゃないかなって。

プロレスラーを志してそれに向かって努力して。
プロレスラーになって頑張って。人それぞれ色んな理由があって辞めちゃって。
次の夢を見つけてそこに向かう人もいれば、またプロレスに戻る人もいる。
きっとその人にしか分からないであろう色んな事情がある。
プロレスラーは超人なのかもしれないけど、それでも1人の人間です。
みんなと同じ人間です。

その人が幸せだと思う方向に行ってるなら良いんじゃないかなって。
その人のファンならばそれも含めて応援してあげたら良いんじゃないかなって。
その人のファンじゃないなら、ほっといたら良いんじゃないかなって。

ただその事で(辞めては戻ってくるor今の業界を否定するor暴露話をするetc)
今頑張ってるレスラーが頑張れなくなってしまったり絶望したり、
今応援しているファンの人達がプロレスから離れてしまったり、
そういう可能性を狭めるような事だけは避けてほしいなって切に思います。
少なからず他者に対して影響力があるのですから。

※具体的に過去事例を思いつく限り言いますね。
1.引退したり団体辞めて戻ってくるのは良いけど、
過去の栄光だけで当時のポジションのまま戻ってこようとする。
すると今の人が虐げられる。
そのほうが業界の業績が上がるならまだしもそうでもない。
なぜならその人は業界の事ではなく自分の事しか考えないから。

2.あの頃のプロレスは戦いがあった。今はダンスみたいだ。
仮面ライダーごっこみたいだ。戦いがなきゃプロレスじゃない。
こうじゃなきゃプロレスじゃない。そんなんで喜んでるにわかファン。
みたいな発言をする。これは当事者もそうだし昔のファンもそういうところがある。

3.今頑張ってるアイツは実はあんな事しでかしたんだとゴシップに書き込む。
SNSにあることないこと吹きまくる。

こんな感じです。

とにかく人の邪魔、迷惑になる事だけはしないで!と切に願います。
・・・そんな難しい事言ってないですよね?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!