こんにちは。
自己紹介文はこちらから
ご覧いただけたら幸いです。

先日は傷病手当の申請方法や抱くべき疑問点などを書き記しました。

下記、記事のリンクです。当件で悩んでいる方はご覧いただけたら幸いです。

(うつ病で)会社を休職になったら収入はどうなるの?傷病手当のもらい方
病気が治らず退職になっても引き続き傷病手当をもらう方法、条件

3月も今日で終わりです。

世間では年度末ですね。
あ、そういえばプレミアムフライデーですね(笑)

昨年の今頃を思い返すと。
本当にしんどかったなあと思います。

うつの症状と睡眠障害と仕事と。

2016年3月頃は
・4/1入社(新卒、中途、非正規全部)40~50人(人数覚えていない・・・)くらいの受け入れ準備
・4/1付組織変更に伴う社内レイアウト変更プロジェクト
・子会社の移転プロジェクト

2月3月は本当にピークだったと思います。
思い出せるだけでもこれだけの業務を2016年明けくらいから、
同時進行でやっていました。加えて日常の業務もですから。
この頃は総務とITの両面で現場の方のヘルプデスクをやっていました。

よくぶっ倒れずにやりきったと思います。

あの時、私が前述の症状で倒れたりあるいは最悪の道を選択せずに済んだのは、
ひとえに上司やチームのみんなの支えがあったからです。
だから走りきる事ができました。
だからプロジェクトを完遂する事ができました。

チャンスをくれた事。
私を支えてくれた事。
今でも感謝の気持ちしかありません。

結果的に私は倒れてしまいましたが、
大きな自信につながったのは確かです。

あの時は辛かったですが、
今こうやって前を向けています。
生きることができています。

なによりこうやってブログのネタにする事ができています。

それだけで十分です。

年々、幸せのハードルは低くなっている気がします。

家族と一緒にいれる事
ご飯を食べれる事
眠れる事
生きていられる事

うつ病と診断されてから10ヶ月あまりが過ぎました。
もしかしたら何かの折に症状が再発してしまうかもしれません。
その怖さはもちろん今も持っていますし、これからも持ち続けるでしょう。
でも、少なくとも今は、それよりも前を向こうという気持ちのほうが大きいです。
やっとここまで心を戻す事ができました・・・長かったです。

ただただうつ病なんかに負けたくなかった。その一心でした。

まだまだこれからです。

それでは失礼します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!