こんにちは。YSK(@YSK434295)です。
自己紹介や趣味などはこちらにまとめてあります
よろしければご覧くださいませ。

では本文に入ります。

2017年9月になりました。

思えば・・・

2015年末頃から眠れない日があるなと思い始め。
2016年3月頃には眠れない日のほうが多いと感じ始め。

遂には日々ずっと眠れず辛くなり、
いつまでこんな日々が続くのだろうと、もう楽になりたい。死んでしまおうか。
という思いしかなく仕事にも支障が出始めていた。
5月に心療内科にてうつ病と診断され、同月16日付で休職。そして11月に退職。

それから約1年4ヶ月あまりが過ぎました。

先月にはひとつのケジメとして前職でお世話になっていた人と元上司と3人で食事をする事ができました。

色々振り返って思い返してみて。

業務量をさばくために始業時間よりも1~2時間早く出社しても早く帰れない日々。
帰宅後も、休みの日も従業員からの問い合わせ対応をしていた日々。
年末年始もGWも関係なく常になんらかの仕事をしていた気がする。
元々のめり込んでしまう性格であるがゆえ、どんどん精神が破綻していった気がする。
オンとオフの区別をつけるのが下手な私はこうなる運命だったのかもしれない。

チャンスを掴んでモノにして評価を勝ち取り年収を上げていって、
チームの面々にもめぐまれ、充実した面もあったのは確かだけど、
一言で振り返るとすると「私には合わなかった」という事なんだろうなと思います。

会社が悪い、という事ではありません。私の問題だったのです。
別に自分を責める気もなければ後悔もしていません。

今後の生き方という面においては、会社の社風や方針にどっぷり浸からなければならないような
働き方は私には向かないと結論づけました。そうなるとサラリーマンとしての出世などは望めません。

そういう意味では今回の事で多くを失ったし、これからもそれは感じるでしょう。

でも、手に入ったものもあるんです。

それは、ズバリ対処法です。前述(赤文字部分)したようなうつ状態になった時に、
「ああ、またきたか」みたいに思えるようになれました。
今まではわけがわからず戸惑うばかりで、且つこんな弱い自分は自分じゃないとばかりに、
無理やり強がって虚勢を張るように生きてきたと思います。
これってポジティブシンキングでもなんでもなくて都合の悪い事に蓋をしていただけだと思うのです。

具体的にどういう対処をしているかというと、
うつ状態になった時にはPCもスマホも見るのを辞め、何かを考えるのも辞めます。
それでもうつ状態から抜け出せない時は処方されている抗うつ薬みたいなのを飲みます。
そしてベッドに寝転びヒーリング音楽を流し寝てしまうのです。

1~2時間か2~3時間か、時間はその時によりますが、
起きた時にはスッキリしている事が多いです。

※もちろんこれは業務中の方にはオススメできない方法ですが、
そもそも業務中にあのようなヤバい状態になるのは危険信号なので心療内科に行きましょう。。

もちろん何も起きず平穏無事な日も増えてきているので、
その時は大好きなプロレスを観て感動したり、
録画していたバラエティ番組を観てひたすら笑ったり、
プロレス愛あふれるフォロワーさんのツイートを拝見してほっこりしたりしています。
あとは、美味しそうなご飯系の写真を見たり、ネコの写真を見たりもしています。

癒やしを心に取り入れる、という事だと思います。

幸せと感じる情報を率先して心に入れるよう意識するだけで、
心持ちってずいぶん変わるんだなと思うようになりました。

もう一度言いますが、
確かに引き金となったのは前職場だと思いますが、直接の原因ではないと思っています。
だから別にあの職場をブラックだのおかしいだの言うつもりはありません。

私とは相性が悪かったね、というだけの話です。

ただ、それだけの事ですが、私のようにこじらせると、ああ(赤文字部分)なってしまうので、
私みたいに考え込みやすい、抱え込みやすい人や、ストレスを逃がす事が苦手な人は、
何か心に異変があってそれが体調に現れてきたり明らかに健康を害するようになってきた場合は、
会社に産業医がいれば産業医面談を受けてみると良いと思います。
あるいは心療内科に飛び込んでしまうのも手かと思います。
もちろん、信頼できる上司がいたら、まずは相談をしてみるのが一番良いです。

大事なのは自分1人で抱え込まないこと。
自分1人だけが大変だ、辛いなどと思い込まないこと。

以上、体験談を交えた自身の振り返りでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!