こんにちは。
2016年末に病気が治らず会社を退職。
現在は傷病手当を受給しながら療養し、
病気の原因、解決方法、今後の生き方を探りながら日々生きています。

2016年3月頃から症状を自覚し、5月にうつ病と診断され休職に。
そして同年11月に完治しないまま休職期間満了につき退職になりました。

過去分はこちらから 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章

今回は退職日以降、年末までどのような心境だったかなどを綴っていきます。

11月16日。
前述しましたが得も言えぬ喪失感は収まりませんでした。
予期せぬ形でキャリアが絶たれてしまった感覚でしょうか。
引き続き傷病手当を受給しないと生活できないので任意継続手続を開始しました。

傷病手当というのは、
ざっくり言うと病気やケガで会社を休む事になった場合に、
健康保険組合からもらえるお金の事です。
基本的に長期的に会社を休む事になった場合、会社から給与支払は停まります。
なのでその間は別の手当を受給する必要があります。
会社によっては休職期間中も給料の支払をするところもあるみたいです。

私の職場の場合は傷病手当に切り替えないといけませんでした。
現月給(控除前の)額を1日単位で割って、その金額の7割×日数分を受給できます。
更には社会保険料、年金、住民税も別途払込をしないといけなかったりします。
もらえないよりはマシですが生活レベルが落ちるので精神的にキツいかもしれません。

休職期間は2016年5月からなので、そこから今に至るまで傷病手当を受給しています。
定期的に心療内科に通い、そこで受給申請書に担当医のコメントと押印をもらって、
受給期間を書いて健康保険組合宛に送ります。先方受理後約1ヶ月くらいで指定口座へ振り込まれます。

さて。話が逸れてしまいましたが。
12月に入り、いくつかケジメを付けたいと思うに至りました。
それはお世話になった方々への挨拶です。
休職期間中から退職日まで会社へは行けず誰にも挨拶できずに終わってしまったので。
これは誰にも言えませんでしたが、過去投稿分の序章のほうで触れましたが、
出社する道中で幾度となく自殺しかけた事を思い返してしまい、
勤務地への経路がトラウマと化してしまっていたからです。

だから会社に赴き上司や同僚へ挨拶、というのはできませんでした。
上記の理由に加えて「合わせる顔がない」というのもありました。
ただただ迷惑をかけて申し訳ない気持ちだけしかなかったですから。
あとは事情を知らない従業員のほうが多いでしょうから、
休職になって間もない頃に会社に行って、
従業員に会って「なんで休んでるの?」などと聞かれた場合、
うまく返答できる自信も精神的余裕もなかったのです。
それくらい追い詰められていましたし万人に理解されない病気だと思っていたので、
「うつ病?なんでそうなったの?」みたいに聞かれてもしんどかったですし。
他人と話すのがイヤだったというのも正直あります。

まずは取引先の担当者の方へご挨拶しようと思いました。
特に懇意にさせてもらっていた方とはランチに行きました。
互いの現状を話し今までの感謝を伝え、その日は別れました。

その後、学生時代の友達に連絡を取りました。
そのうちの1人に車をだしてもらい、
思いきって都会を離れてみる事にしました。
いつくらいぶりでしょうか。久しぶりにひらけた空といいますか。
穏やかな空気を吸い、広い空を見た気がしました。
現地のソウルフードを食べたり洞穴というのでしょうか?色々な所に行きました。
リフレッシュができた気がしました。友達には感謝しかありません。

その後、趣味のプロレスを存分に話せる友達とも会いました。
好きな団体、選手は全然違っていて、
普段なら互いの意見をバチバチぶつけ合って、
ある意味プロレスをする!?のですが、
私自身やはり前述の色々で気が滅入っているのもあってか、
彼の話を聞くのに終始してしまった気がしますが、
それでもプロレスの話ができたのは楽しかった。
実は彼とは近々もう一度会うのでその時には私もガンガンいきたいと思います(笑)

その直後に同じ団体のWWEを好きな友達とも会いました。
WWEに関してはなかなか”今”を語れる人が私の周りにはいないのが現状なので、
今も尚、私と同じように見続けている彼とは、
互いの好きな選手やWWEの未来について熱く語り合いました。

本当に会えて良かったと思います。

もちろん、こんな私を黙って支えてくれた両親にも感謝しています。

職場の方々への挨拶は、
ひとまずSNSにて繋がっている方のみに
させていただきました。

いつの日か直接職場まで行って、
ご挨拶したいなとは思っています。

以上、こうして私の2016年は終わりました。

~おまけ~
過去投稿分の序章のほうで触れましたが
無理矢理寝ようと暴飲暴食を繰り返していた事もあってか体重が激増しました。
たぶん12~3キロ以上は2~3ヶ月で増えた気がします。
その影響か膝の痛みで辛かった時期があります。
前屈姿勢になるだけで痛みが走り、階段の昇り降りすら辛いのです。
運動をしようにも膝が痛いのでできません。
そこで考えたのは食事量を減らす事。といっても糖質制限とかではなく、
食べるものは変えず、全体の量を減らす感じでした。まさに腹八分目。
元々食欲(というかあらゆる欲)を失っていた時だったので
さほど苦痛ではありませんでした。あとは炭酸飲料をゼロカロリーのものに変えました。
加えて昔買ってホコリを被っていた腹筋ローラーで毎日10回~15回続けて、
7キロくらい落とした事があります。膝の痛みはなくなったのでひと安心です。

今は食欲が少し戻ってきた事もあって、
2~3キロリバウンドしていますが。。

あとはメンタルヘルスの本を買いました。こちらです。
やはり二度と同じ目にあわないように原因を知っておくのは大事だと思った為です。
図解説明入りで各項目ごとにわかりやすい説明内容でした。
読んでいて一番印象に残っているのは、
・ノルアドレナリンやドーパミンをコントロールするセロトニン数値が低いと心の病気になりやすい
・交感神経と副交感神経の関係=自律神経
・右脳が心地良い音楽(自然音楽)を聞くとセロトニンが活性する
・睡眠と起床時間のコントロール
というものでした。

大人のメンタルヘルス常識 心の風邪をこじらせないための処方箋

新品価格
¥864から
(2017/4/22 17:45時点)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!