こんにちは。
2016年末に病気が治らず会社を退職。
現在は傷病手当を受給しながら療養し、
病気の原因、解決方法、今後の生き方を探りながら日々生きています。

過去分はこちらから。第1章 第2章 第3章 第4章

2016年11月3日。これまでの期間はただただ
「会社から休みをいただいている」
「皆さんに迷惑をかけて申し訳ない」
「こんな迷惑ばかりかけている自分なんか価値がない」
というような気持ちしかありませんでした。

無理矢理にでも復職するのは可能だったと思います。
しかしできませんでした。
半年も休んでおいて同じポジションがあるような
甘い環境ではないと思ったし、
なにより、また同じ状態になってしまうのが恐かったのです。
この先数年の事よりも今日1日を普通に過ごし明日を迎える
という事をできるようにするため、
そして、今後数十年近く残されているまだまだ長い人生を考え、
今はこのまま退職という選択しかないと思いました。

この日、わざわざ地元まで来てくれた上司と会話し決めました。
休職期間満了につき11月15日付で退職です。
その時は「こんな形で終わってしまうなんて」
と無念しかなく、恥ずかしいのですが泣きそうになりました。
もちろん今後に対する漠然とした不安もあり、
この時の得も言われぬ喪失感は当分払拭できませんでした。

翌日以降は引き続き傷病手当を受給するために、
社会保険の任意継続手続などをしながら喪失感と共に過ごしていました。

~最後に~

この会社では様々な経験を積むことができました。
上司から、チームから、そして従業員の皆様から
信頼を勝ち取るために全力で走ってきました。
非正規雇用だったところから正規雇用へと
叩き上げといいますかステップアップができたのも、
信頼が勝ち取れた証だと自信をもって言えます。
本当に感謝しかありません。
会社へは悪い感情は一切ありません。本当にありがとうございました。
心が壊れ休職になり、治らないまま退職という、
思いもよらぬ結末を迎えてしまい無念な想いのまま退職日以降を過ごしました。
12月には多少リフレッシュができました。関わってくれた友人達には感謝しています。

2017年に入っても
相変わらず薬がないと眠れない日々のほうが圧倒的に多く、
(薬なしでも眠れる日が極稀ですがあるんです!)
今でもネガティブな負の感情に支配されてしまう事もあります。
それでも、今後の方向性としては、
「自分と向き合いこれまでの状態をまずは受け入れて今後どうするか考えよう」
というポジティブなものに変わっていこうとしています。
※当ブログのタイトルもこの気持ちから始め、あのように名付けました。

世間では働き方の見直しという題材が取り上げられていますが、
私の場合は生き方の見直しだと思っています。
このブログは私の終活日記という意味合いも込めていたりしますので、
可能な限り、自分を自分として維持できる範囲内で続けていきたいです。

少なくともブログを始める事によって、
私は書くことが好きなんだという発見ができたのはポジティブに捉えています。
まだまだ拙い部分、機能的に不十分な部分など多々ありますが、
日々勉強しながらやっていますので御覧頂いている方、どうかご了承ください。

それでは。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!