こんにちは。
2016年末に病気が治らず会社を退職。
現在は傷病手当を受給しながら療養し、
病気の原因、解決方法、今後の生き方を探りながら日々生きています。

過去分はこちらから 第1章 第2章 第3章

2016年5月17日~
せっかく会社から休職をいただいたにも関わらず、
いつまで経っても眠れず、連続で3日間くらいずっと起きていて、
その間は憂鬱な気分に常に襲われていて、
とても何かをしようという気持ちになれません。
眠気すら襲ってこないので気分のリセットができません。
3日ほど経ったタイミングでやっとウトウト(フラフラ?)としてきて、
時間帯関係なく2時間くらい寝るような日々が1ヶ月半ほど続きました。
生活習慣が明らかにおかしくなったせいか、
平均体温が1度くらい下がったりもしました。

2016年6月16日。
皮肉にも私の誕生日だったこの日がちょうど休職1ヶ月目でした。
会社に休職の延長をお願いしたのもこの日だったと思います。
メールやSNSでお祝いの連絡をくださった方には感謝しかありません。
孤独感しか無かったので心底嬉しかったです。
と同時に今の自分の姿はとても見せられない。表には出れない。
人に会ったらどんな負の感情が飛び出すかわからない。
という状態でもありました。この状態は後数ヶ月続きます。

2016年6月27日。
この時もかなりしんどかったです。
担当医に現状報告をします。
あまりの寝れなさからか、睡眠剤を勧められました。自分も承諾しました。
遂に「夜、眠れる毎日」を手に入れる事ができました。
前述の睡眠剤とは別の種類の睡眠剤です。

しかし、それだけでした。
自分の意思で寝ている感覚がなく起きてもスッキリしない感じ。
本当に機械的に寝れるようになっただけというか。
眠くなったから寝よう or 寝る時間だから寝よう
というごく当たり前の状態ではありません。

床に入って薬を飲む→いつの間にか寝ている(この直前の記憶なし)
※例えば本を読んでいた場合、直前どこまで読んでいたかの記憶が無いです。
→トイレなどで夜中起きても朦朧とし部屋の色んなところに体をぶつけまくる
→目が覚めるが暫く朦朧としていて起き上がるまでに時間がかかる
こんな状態です。この状態は基本今でも同じです。

それ以外の復調は望めず常に憂鬱な気分に苛まれ、
起ち上がって1日を生きようという状態にはなれませんでした。

ざっくり言うと「生きるのがイヤ」な状態でした。
もっと言うと「ずっとこのままならいっその事死にたい」という状態。
寝れるという事すらできなくなっていた自分にとって
寝れるようになった事は少しでも前進なんだと
言い聞かせるように無理矢理前を向こうとしていたと思います。
とはいえ、休職期間の期限が迫ってくる中、
早く治さなければ、早く戻らなければ
自分の居場所がなくなってしまう、
と焦る気持ちがまた憂鬱の一因になっていたかもしれません。

【今回受診時にもらった薬メモ】
■マイスリー錠 5mg
1日1回、就寝前に2錠服用
・入眠剤
※アルコール類避ける
※不眠症の場合は就寝の直前に服用
※眠気を催したり注意力、集中力、反射運動能力などが低下することがあるので
運転やや危険の伴う機会の操作等避ける
※服用後、もうろう状態があらわれることがある
※服用後、入眠までの、あるいは中途覚醒時の出来事を記憶していないことがある

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!