こんにちは。
2016年末に病気が治らず会社を退職。
現在は傷病手当を受給しながら療養し、
病気の原因、解決方法、今後の生き方を探りながら日々生きています。

少し日が空いてしまいましたが前述のとおり書いていきます。

時期でいうと2015年12月~2016年3月。

ハッキリおかしいと思い始めたのは2016年3月頃です。
ずっと不眠の状態が続いていました。
原因は不明です。今も治っていなくて
睡眠剤を飲まないと基本的に日々眠れません。
極端な例ですが単純にあくびをしたり
酔っ払って朦朧としたりしてフラついても
それが睡眠に至らないんです。
脳が眠りを欲していても体が受け付けない感覚というんでしょうか。
アタマだけが消耗して正常な判断なんてできなくなっていくんです。
正直自分が自分を把握というか理解というか既に見失っていたと思います。

思い返せば2015年末くらいから不眠の兆候はあったのですが、
寝れる日のほうが多かった感覚なのと、
仕事を含めた日々の生活にさほど大きな不満もなかったので、
原因わからないけど自分は大丈夫!こんなのすぐ治る!
などと思って平静を装って過ごしていました。

とにかく眠れない。
眠れてもすぐに夢でうなされ起きてしまう。
何の夢かも覚えていない事がほとんど。
数分や数十分、1~2時間の間の出来事なので
もはやそれが夢だったのかもわかりません。
3月頃から眠れない日のほうが多くなってきて、
暴飲暴食して無理矢理にでも寝て仕事に向かう日々が続きました。
末期になるとバスや電車の中で目をつぶった途端に
夜眠れない事のトラウマなのかハッと目を開けてしまう
という事も続きました。
寝るのが怖いという感じでしょうか。

暴飲暴食で気絶するように寝ている状態なので
朝気持ち悪くなって目覚め、会社への道中で嘔吐。
美味い酒なわけはなく、良質な睡眠なわけもなく、
信号待ちの時や駅のホーム、エスカレータなど、
そういった立ち止まるような場所では常に足下がおぼつかなく
脚が勝手にフラフラと進んで落っこちそうになる事もあって
その場に座り込んだりなど。
だんだんと自分のキャパを超えてしんどくなってきました。
帰宅しても夜眠れないの繰り返しで、
気づけばだんだん日々生きるのがしんどくなっていました。
こうなってくると、もはやネガティブな事しか頭に浮かばず、
「こんな日がいつまで続くんだろう」
「こんな思いをしてまで生きる意味ってあるんだろうか」
「もうこの状態が続くのがイヤだ。ラクになりたい」
「ここ(駅のホーム、長いエスカレータetc)から飛び降りたら
ラクになれるのかな」
みたいな最悪の選択をしそうなヤバイ状態に、
気づけばなっていました。

第2章に続きます。追々アップしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYSKをフォローしよう!